食後の睡眠

1.食後の短い睡眠
人々の遺伝子には食後にはうとうとする様インプットされているようです。
昼食後のわずかの安眠が休まなかった時に比較して各段に良くします。

その為、前の晩眠れなかった人こそ昼食の後は少し眠ってください。
イタリアやスペインの人達は昼食後は少し眠ることで体重を減らす事にも利用しています。
生活してゆくための睡眠時間は色々な説があります。
短い睡眠時間の人は勤勉で睡眠時間の多い人は仕事が遅いと思われがちですがどうしても正しくはないでしょう。
でも、短い時間しか眠らない人は馬力のある仕事をする人が多いようです。
大統領や総理大臣を務める政治家や有名企業の社長さんです。
睡眠時間が長い人は、独創性がある人で芸術家の人が多いのです。

2.運動と眠りの関係
運動は眠りの促進か妨害のどちらかです。
刺激性のアドレナリンを大量に生産されます。
この他にも運動の中にはゴルフプレーヤーは移民中も大きくスコアを落としたラウンドのダブルボギーを叩いたラウンドを人間に必要な水門時間は、何時間位なのでしょうか?沢山の統計が、このことについて取られています。
しかし、今日までに決定的な答えはありませんでした。
個人的にも環境的にも違いが有りすぎるのです。
それでも典型的な答えはある程度得られました。
毎晩6時間半から8時間半、66パーセントの人が平均的に眠っているのです。
16パーセントの人が、9時間以上眠ります。
さらに20パーセントの人が6時間未満の睡眠で済ませています。
統計によると、これが人間の平均的な睡眠時間です。
睡眠薬の副作用