3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の種類が

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、ちょっと他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですけど、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。

そんな訳で、3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全然違います。
例を挙げると、3波を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダでは提供されていません。WiMAXサービスに申し込んだ事で、私の日常は大きく変わりました。

最も変わったのが、スマホで7G制限を気にする事がなくなりました。
Wi-Fiテザリングを使ってWiMAX端末でインターネットを行なうから、スマートフォンの通信量は消費しなくなった訳です。
そう言う流れで、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。(UQ WiMAXのキャッシュバックは商品券!?参照)

WiMAXサービスを提供するプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開していて、そのバリエーションの多さも評判の秘密です。

ですけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな理由は、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。
更に、保証体制もしっかりしていて、そう言った点が評判を支える大きな要因となっているのです。大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、通信のし過ぎには注意しましょう。他のモバイルサービスと比べ、そんなにWiMAXは厳しめな速度制限を設定していません。
かと言って、通信のし過ぎは速度制限の対象となってしまいますので、時々は通信量を気にかけると良いでしょう。ただし、速度制限対象となってしまった際にも、そこまで神経質に考えなくても問題無くインターネットは出来ます。

URoad-StickはUSBタイプの軽く小型のWiMAX端末で、そんなところから持ち運び性が良くて便利です。URoad-StickをUSBポートに接続する事で、そこから給電しながら扱う事が出来ます。
難しいセットアップも行わずに使用出来ますから、そう言う手軽さが人気のWiMAX端末となっています。
使用可能な通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、下り最大通信速度としては110Mbps出す事が出来ます。
WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダがあります。

このプロバイダが提供しているWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。
月々500円のサービスですから、6000円くらいのお得感になると言えます。最近のWiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX機器も登場しています。
au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率99%を超えると言う、とても繋がりやすい通信回線なのです。800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が行き渡りやすいです。従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大しています。最近は、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中に、独自の保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。例として出せば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証の制度を導入しています。
あとは、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入しています。どちらの保証制度にしろ、違約金を支払わずWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。

 

最近のインターネット業界は、モバイルインターネットも色々種類が出て、こちらの人気の高まりを感じます。

固定回線は使用場所が限定的なのに対して、利便性の高さが大きい印象を受けます。とは言えどもモバイルですから、通信状況の信頼性が欠ける感じはあります。

けれども、モバイル関連の基地局の数は増える一方ですから、通信状態は良くなっています。

そう言う事で、モバイルだからと、不安定ではありません。

WiMAXの専用端末は数種類あります。
WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、WiMAXはどんどん多機能になっています。
WiMAXの通信回線もそうで、WiMAX端末はWiMAXしか使用出来ない作りでしたが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。

それから、通信速度が毎年向上して来ています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された時も、通信速度が倍に向上しました。nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。キャンペーン対象のWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスになります。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能になります。
WiMAX端末を所持してなくても利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いので、凄く人気のあるサービスとなっています。
WiMAX通信に対応した通信機器は、次々と新しいものが発売されます。それぞれにより機能が異なり、スペックも違います。そんな中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の販売でしょう。

このWiMAX端末はau 4G LTEに対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。確かにWiMAXには速度制限がありますが、それほどハードなものではありません。

ギガ放題プランへ申し込めば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がないです。
また、混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。

 

速度制限時であったとしても、動画を観る事が出来る通信の速さはキープされます。

 

WiMAX機器は普通の価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円もします。
かなりの金額となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。

そこで、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そんなプロバイダを選ぶと良いです。ワイマックスって言う人気のネットサービスですが、このネット通信サービスって、通信制限の規制がやや緩めで、そこが特長となります。そう言う事で、一日中インターネットを行なう様なヘビーユーザーにすれば、特に一押しのモバイルインターネットサービスと言えます。
速度制限のストレスから解放されたいと言う方は、一案として考えてみてはいかがですか?WiMAXのサービス期間は25ヵ月間契約が基本になってて、途中で解約をすると契約解除料を請求されてしまいます。
それだけ長い契約期間になっていますので、しっかりとしたところに申し込みを行いたい所です。

 

うっかり見落とされがちなのが、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。
電話対応が休日は非対応だったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダもありますから、きちんと判断してから申し込みを行いたいものです。
UQ WiMAXに申し込むと、この利便性の高さに驚かされます。

自分が契約後に思ったのが、通信制限が厳し過ぎないと言う部分です。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、帯域制限でイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルじゃ無くなるのです。
WiMAXと契約を行う際、色々なキャンペーン特典を獲得出来ます。中でもお勧めなのが、公衆無線LANサービスでしょう。UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。
WiMAXサービスの月々の料金ですけど、実を言うと、契約先で金額が異なります。例えば、Broad WiMAXの場合、最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。
これ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですが、契約25ヵ月目からの月額料金は高額となります。
こう言った感じに、それぞれの契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を検討しましょう。

 

WiMAXの提供元は、auの子会社のUQコミュニケーションズなのです。
なので、auに連動したサービスがいくつかあります。
そんな中でも代表的なものが、auスマートバリューmineです。WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が安くなるサービスです。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOを搭載し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線同時の通信を行なう技術の事です。この結果、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになる訳です。その他にも、Bluetoothに対応してますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。
WiMAX端末の機種においては、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線に対応しているものもあります。au 4G LTEは人口対応率99%の通信回線で、広いゾーンで利用出来ます。

その他、800MHzのプラチナバンドの電波を使用してますから、奥まった場所にまで電波が行き届きます。
他方で、一回でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。WiMAXを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダがあります。
Broad WiMAXの特性としては、月額料金が安い点があります。
その分だけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダです。
UQ WiMAXサービスの強みは、帯域制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。他モバイルインターネットサービスだと、通信制限が怖くて映画など見てられません。
出来る事と言うと、5分くらいの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?そんな中、WiMAXなら普通に映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても問題ありません。

 

WiMAXの中でも、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。

WiMAXサービスに対してデータベースを一番持っていますし、トラブル時のフォローも最も迅速かつ的確で、サポート受付け時間も一番長いです。でも、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店に申し込みを行なうと言う手段もあります。
代理店ならキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。WiMAXの強みは、無線通信を使ったインターネットを利用する事が出来ると言う部分にあるでしょう。
無線を使うと言う事で、どこからでもネットアクセスが可能となり、利便性は高まります。

それに加えて、WiMAX端末はポケットサイズですので、持ち運び性に優れています。そう言う部分を考慮すると、タブレットとの組み合わせが抜群です。
そう言う理由から、WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダもあります。
WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中では、完全独自のキャンペーン特典が用意されているところもあります。

例えば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダだと、DTI Club Offと言うDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。
DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やテーマパーク、合わせて、スポーツクラブやインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。映画やミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスは幅広いですから、色んな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装し、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。更には、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。言う間でもないですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しつつのインターネットにも対応しています。

WiMAXサービスの口コミを読んでいると、色々な意見があります。
例として、電波が全然拾えないだとか、そう言うネガティブな書き込みもあります。

 

ですが、WiMAXの基地局の数の向上と共にWiMAXの環境は良くなっています。と言う事で、今と口コミの内容が合致しない場合も往々にしてあります。
口コミサイトでWiMAXの記事を読む際は、出来るだけ新しいクチコミを確認するようにしましょう。

 

Speed USB STICK U01はUSBサイズの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX機器です。

その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。更に、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますから、人口カバー率99%と言う広い通信エリアを利用する事が出来ます。
Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵してませんので、USBポートから給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。