マタニティの塩分控えめに注意

ダシを使って上手に塩分を減らしましょう。

塩分を摂り過ぎると、むくみ易くなり、高塩分な食事を続けていると高血圧などの妊娠中毒症の原因になってしまいます。

妊婦さんの塩分の摂取量は1日に平均して8gを目安にしましょう。

薄味でと思っても、毎日の事なのである程度は満足感が無いと続きません。

その物足りなさをカバーしてくれるのが、スープなどの旨みなのです。

市販のダシの素やスープの素はとても便利ですが、どれも塩分を含んでいます。

だしが出る素材の、干し椎茸や、昆布、骨付き肉や魚を上手に使うことをお勧めします。

医師によるアドバイス
塩分摂取量は1日に10g迄と言われていますが、出来れば8g迄に抑えたいですね。

塩分の摂り過ぎは、浮腫みや高血圧症の原因になってしまいます。

妊娠中毒症の予防の為にも、妊娠初期のうちから薄味に慣れておきましょう。

調理油を減らす工夫をしてカロリーダウンしましょう。

せっかくカロリーの低い素材を選んでいても、どう調理するかによってカロリーは大きく変化します。

調理法でカロリーを大きく左右するのは、やはり油なのです。

手間も掛からずに短時間で作れるので便利な調理法なのですが、毎日というのは考え物です。

あみで焼いたり、煮たり、蒸す、ゆでるなどは油を使わないのでそれほどカロリーアップしません。

また、あみで焼いたり、ゆでた物は素材自体の脂が落ちるので、カロリーはダウンします。

大阪でVIO脱毛するならどこがいい?

妊娠中の体重増加は8Kg迄が理想です。

太ると脂肪が貯まって、その結果、産道も狭くなって難産の原因になってしまうからです。