壁の黒ずみ汚れ

壁の黒ずみ汚れは壁の種類や汚れ方によって掃除の仕方がかわり、すっきりと黒ずみ汚れが落ちないものがあります。土壁は現在では少なくなってますが、どのような黒ずみ汚れ落としをしても、よごれが薄くなることはあっても汚れはすっきり落ちません。

ですので同じ土壁剤をうえからペーストするか、ポスターなどで汚れが見えないように隠すという方法しかありません。

また掃除をする前にはたきや掃除機をかけて汚れうえのほこりを掃っておきます。壁の黒ずみ汚れは、油性水性ボールペン、油汚れ、クレヨン、墨汁、食べ物カスなどの汚れごとに掃除の仕方がかわり、汚れに応じた掃除をしないと十分に汚れが落ちないことがあります。

クロス壁汚れはたいがいキレイになります。特にビニールクロスは表面が凸凹してますが、スポンジなど柔軟のあるものにマイペットなどしみこませて、汚れに押ししみこませると良く落ちます。その後、水で硬く絞った雑巾で2度拭きします。

油性のマジック汚れはホームセンターで販売されている専用のクリーナ―を使う方がすっきり落とせます。マニュキア除光液や消しゴムなど言われていますが汚れはすっきり落ちません。

今では汚れ落としクリーナーは様々なものが販売され機能性も良くなっています。そのような専用のクリーナーを使う方が、汚れはすっきり落ち気分もすっきりします。

一番安いwifiプロバイダは?※wifiキャンペーンの比較