季節の変わり目は体調が悪くなるのか

季節の変わり目は体調が悪くなるといわれていますが、季節の変わり目っていつごろなのでしょうか。
また、季節の変わり目にはなぜ体調が悪くなるのでしょうか。

季節の変わり目とは、寒暖差が激しい時期を指します。
寒暖差が激しいとは、1か月の寒暖差や1日の寒暖差のことです。
その時期とは、3月から4月と9月から11月の頃とです。
もちろん地方によっては上記の時機と前後するかもしれません。
いわゆる春や秋になりますね。

寒暖差が激しいと体への負担となります。
体が気温差になかなか慣れないでストレスを感じてしまいます。
ストレスはいろんな病気の一因ですね。

寒暖差によって自律神経が乱れることがあります。
自律神経が乱れると、頭痛、めまい、腹痛、肌荒れ、倦怠感などの症状が現れます。
もちろん自律神経の乱れは、睡眠不足や生活習慣の乱れやホルモンバランスなども原因となりますので、全てが寒暖差が原因とはいいえません。

ただ、4月は新年度の始まりで、環境が一変する方もいます。
そうすると寒暖差に加えストレスや生活習慣の乱れが生じることがありますので、季節の変わり目は睡眠をきちんととるように気を付けたり、ストレスを適宜発散するようにするなど気を付けることによって、体調管理をしてゆきたいものですね。

http://xn--r8j691hptcgrop9flnnurb.xyz/

,