首イボは皮膚科で治せる?

気がつくと首にイボができているということがあります。首イボの原因は刺激や紫外線によって皮膚が老化したり、ウイルスによってできるとされています。
基本的には良性であることが多く、命に関わることはないとされていますが、そのままに放っておくと老けた印象になってしまいます。

見た目が気になったり、服やアクセサリーが引っかかることで炎症を起こすこともあるため、そのような場合には皮膚科に行って治療することがオススメです。
皮膚科での治療はいくつか種類があります。
手軽に行えるの凍結療法です。凍結療法は液体窒素を使ってイボを凍結させていく方法になります。液体窒素は-200℃の超低温のためイボを一気に、専用のピンセットや綿棒を使って一つ一つ冷凍していきます。1〜2週間程度でかさぶたになってイボは消えます。手軽な方法ですが色素沈着を起こしてしまうため注意が必要です。
手術をすることも可能です。局所麻酔を行ってハサミや高周波メスなどを使って切除していく方法で、施術後は傷になってしまうため軟膏を使用して治療していきます。赤みが出ますが次第に消えていくとされています。
レーザー治療は炭酸ガスレーザーを使用します。イボを瞬間的に焼き切ることができるようになっています。
それぞれの治療方法にメリットとデメリットがあり、保険適用するかしないかにも違いがあります。
自分がどのような状態になりたいかをきちんと医師に相談して、症状と予算に合った方法で治療することが大切です。クリアポロン

,