模型の美学はウェザリングによる日常性の仕上がり

最近始めた趣味というか、模型が売れるって知ってる方いらっしゃいますよね。簡単にいうとプラモデルを作って売りに出して買ってもらうみたいな。

YAHOOとか、たまにホビーショップで売ってたりするのをみて、何となくなんですが、手先も不器用とまではいうほどではないし、眺めていると作れるんじゃないかな?といった理由で模型を作り初めました、現代社会といいますか、昔はハサミできってやすりを掛けて、筆で色をぬるといった行為でしたが、最近は電動ヤスリなんてものもあるし、塗料なんかも筆ではなくてペンタイプ、さらには、エアーブラシまで、あるので、仕上がりが本当によくなりました、プラモデルの構造上継ぎ目が見えない作りであったりと、構造がいいのもあって仕上がりが素人でもそこそこのができますが、そこで、塗装やパテ埋め、ウエザリング仕上げをしっかりすると、確かに作ってみた結果では、昔はプロじゃないと作れなかったものが今では普遍的に作れますし、ないよりコストも安いので、趣味としては結構気に入ってます。

ホビーでもこだわっているのがモデルの美しさという部分です。私は白というのが好きで、歯の白さも気になっています。どんなに笑顔が素敵な人でも笑った時に歯が黄ばんでいると気になりますよね。私自身タバコを吸うので黄ばみがきになることが多々。そんな時にパールクチュールと出会いました!研磨剤と使わず、有効成分だけで歯を白くしてくれるそうなので、歯にダメージを与えず白くなる。最高です!プラモデルも人も第一印象は大切。モデラーが細部にこだわるのと同じように、本当に見た目をこだわるなら白い歯などもっと細かい部分まで見るのが大切ですよね!

パールクチュールのホワイトニング効果は?歯科医も口コミも高評価の歯磨き