遺伝子検査にまつわるエトセトラ

食事や運動に気をつけていても生活習慣病になりやすい人もいれば、気をつけていなくても生活習慣病になりにくい人もいる。

その個々の体質を調べるのが遺伝子検査だと思いますね。
人の遺伝子配列は99・9%が同じですが、残りの0・1%が個人の違いを生んでいます。この違いをSNP(スニップ)』といって、生活習慣病に関わるSNPは100種類以上あることが知られています。

検査では複数のSNPを測定し、各項目に関連するSNPをどの程度多く持っているかを調べるのです。

ジーンライフでは320項目を遺伝子検査にて知ることが出来るわけで、この量は半端ないことはわかってもらえるんじゃないでしょうか?

遺伝子検査でわかることは、肥満については勿論、性格についてもしることが出来る。更には、その人のルーツまで調べることが可能になっているんだから、これはもうやらなきゃダメって感じだね。

健康診査では、病気を発見しますが、リスクについては分からない。遺伝子検査では、リスクを見えるか出来るのが凄いね。

, ,