サプリメントと薬の目的

最近サプリメントを摂取する人が増えていますが、サプリメントを薬のようなものだと勘違いしている人がいます。サプリメントと薬は、根本的に違っています。サプリメントとはどのようなもので、薬とどう違うものなのでしょう。

サプメントと薬ではそれぞれが持つ目的や役割がまったく違います。薬は病気を治したり、症状を和らげたりするという目的を持っています。サプリメントの目的は病気を予防したりより健康になるというものです。薬は病気になってから飲むもの、サプリメントは病気になる前に飲むものという位置づけもできます。商品を販売する上では、サプリメントは食品として分類されています。栄養補助食品、健康補助食品ともいいます。普段私たちはビタミンやミネラルなどのさまざまな栄養素は食事を通して摂取することで免疫力を得ています。ですが、人によっては食事による栄養摂取では栄養に偏りが出たりします。サプリメントを利用すれば不足しがちな栄養素を補うことができるのです。サプリメントというのは普段不足しがちな栄養素を補うための食品であり、薬とは目的も役割もまったく違うものです。サプリメントで効率的に栄養を補うことで健康維持や病気の予防に役立てることができます。薬と同じ感覚で使うものだとしても、サプリメントと薬とは違うことを理解することが大事です。
http://www.oregoncoastradio.com