カテゴリー: IT

プリンターの種類について

皆さんは、家庭用のプリンターにどんな種類のものを使っていますか?

プリンターの種類は大きく分けると「インクジェットタイプ」と「レーザータイプ」がありますよね。

私は以前はインクジェットタイプの物を使用していたのですが、トラブルが余りにも多いのでレーザータイプに切り替えました。

確かに、インクジェットプリンターって画質はとてもいいです。お気に入りの写真などを自宅でプリントするなら、画質重視であればインクジェット一択でしょうね。

ですが、インク代は高く、しばらく使ってないとすぐにインク詰まりをおこして画質もラインが入ったようになり汚くなります。コストを下げるために連続体を導入し、快適になった部分もありましたが、トータルで見て満足はできませんでした。

結局最終的にはレーザータイプを導入。写真印刷は写真屋さんにお願いするというスタイルで定着しました。レーザーは、写真以外のプリントだったらストレスがなく本当におすすめです。

ただ、年賀状に関してはどちらも使っていません。最近は便利な年賀状 ネットプリントサービスが出てきたからです。まだ一度も試した事がない人はぜひ一度試してください。本当に便利ですよ。

今更だけど貯金しようかな?

連日ワールドカップの話題で盛り上がっていますね!寝不足の人も多いんじゃないでしょうか?私は42歳で工場系の派遣で仕事をしています。36歳の時に10年以上勤めた会社を辞めて、次の仕事が見つかるまでの繋ぎのつもりで始めた派遣ですが、気が付けばもう6年もたってしまいました。
(さらに…)

[Top]

SEO対策をすることの有効性とは

サイトを作ったばかりの人でSEO対策をあまり気にしていないという方は多いです。
とりあえず作っておけばいいかという気持ちでは、URLを教えた相手以外には見向きもされないかもしれません。 (さらに…)

[Top]

今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど

近年のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。
au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用して、日本の人口カバー率99%を超える、とても繋がりやすい通信回線です。
800MHzと言った低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置まで電波が行き渡りやすいです。 (さらに…)

[Top]

各申し込み先によって月額料金に特徴がありますので

WiMAXサービスの月々の料金ですけど、驚いた事に、契約先によって料金が違います。

具体的には、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は毎月の料金が割引きされます。
なお、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですが、契約から25ヵ月目の月額料金は高額となります。

この様に、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で申し込み先を検討しましょう。 (さらに…)

[Top]

クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています

WiMAXと言うネット通信サービスなのですが、この通信サービスって、速度制限が厳しすぎず、ある程度使い勝手の良い点が特長となります。
って事で、余裕のあるインターネットの通信環境を手にしたいのであれば、最も適したモバイルインターネットサービスです。通信制限を考えたくないのならば、契約を考えてみてはいかがでしょう?WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXというプロバイダが存在します。

Broad WiMAXの特色としては、月額の利用料金が安い点が挙げられます。

(さらに…)

[Top]

WiMAXとタブレットとのセット売りを行っているプロバイダも存在します

WiMAXの特長としては、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。無線を使用するので、好きな場所でインターネットを行なう事が出来ます。それに加え、WiMAX端末はポケットサイズですから、携帯性に優れています。そんな点を考慮すると、タブレットと持ち運んで使用すると良いです。

(さらに…)

[Top]

3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の種類が

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、ちょっと他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですけど、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。

(さらに…)

[Top]

WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば

WiMAXの機器の中には、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線に対応しているものもあります。

 

au 4G LTEは人口対応率99%と言う利便性の高い通信回線で、広いエリアで繋がります。更に、800MHzのプラチナバンドの電波を使用してますから、奥まった場所にまで電波が行き届きます。 (さらに…)

[Top]

800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので

UQ WiMAXサービスを契約すると、その機能性の高さに驚かされます。
私が感じたのが、通信制限が厳し過ぎないと言うところです。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限のせいでイライラする状況がありません。UQ WiMAXにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気になるレベルでは無くなるのです。WiMAXの端末の機種には、au 4G LTEと言うauの通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広大なエリアで利用出来ます。 (さらに…)

[Top]